to_top_page

地 理


東京都八王子市初沢町は

位 置

北緯35度37分0秒〜35度38分33秒
東経139度16分7秒〜139度17分9秒
東京都八王子市の町の一つ
八王子盆地の西部
甲州街道(国道20号)より約200メートル南側
甲州街道の基点(日本橋)より道程50.5キロメートル
JR中央線、京王高尾線高尾駅南口の地区

高度

約170メートル(平地)〜343.7 メートル(山の頂上)

面積

調査中。 約半分が住宅地、残り半分が低山地。

地質

平地は、関東ローム層が数メートル堆積しています。
山の部分の表面は、砂岩が主に観察され
小仏層群という中生代白亜紀(約1億年前)に海底に
堆積した地層でできていま す。
山地の地層は、ほぼ垂直に立って分布しています。

地形:

歴史のページにある明治時代の地図をご覧下さい。
平地部分の地形が特に良く解り ます。
現 代の地図では、建物が邪魔をして
なだらかな部分の変化が見れません。

ここをクリックすると、別ウインド ウで明治の地図だけを
見ることが出来ます。

温度

初沢地区のデータは、入手出来ていません。
東京都高尾自然科学博物館(高尾町2,436 高度195m)
平成16年に閉館)のデータによりますと
都心に比べて平均気温が、夏場で2度〜2.5度低く
冬場 で2.5度〜3度低いようです。




iwaの画像

金毘羅山下、淺川地下壕内の岩の様子です。



saganの画像

初沢山北斜面の砂岩



地質図の画像


閉館となった東京都高尾自然科学博物館に掲示 されていた「高尾山付近の地質」の一部です。
調査・製作された方と思われる 藤本 治義氏 鈴木 道夫氏の名前が(1975)と共に右下に
入っていました。
Rs:加住礫層、Rb:小比企礫層、右下館町の部分が平山層となっています。

高尾山や初沢の山の地層・小仏層群は、さらに3種の層、笹野層、川乗層
小伏層に分けられていますが、高尾山、初沢の山は、川乗層に入ります。 

   

−地理のページ 終わり −


top