トップページボタン
歴史トップボタン




菅原道真の銅像



彫塑家 渡辺 長男(おさお)氏が昭和5年製作
昭和11年12月に設置された 高さ4.8m,重さ6,000sのブロンズ像です。

菅原道真像の画像

彫塑家 渡辺長男氏 と言ってもご存知ない方のほうが多いのではないでしょうか。
 私も、絵画・彫刻が好きな方ですが、調べるまで 知りませんでした。

「近代彫刻2巨星の1人: 朝倉文夫」の実兄 と言う説明が、一番解りやすいと思います。
渡辺と朝倉、名字が違うのは、朝倉文夫氏が9歳 の時養子に出ているからです。
朝倉文夫氏の彫刻家としての活動は、すでに彫刻活動を行っていた兄長男氏を
頼って上京することから始まります。

この渡辺長男氏の作品には、他に、日本橋の「麒麟」と「獅子」の像があり
近くでは、多摩市桜ヶ丘公園に「明治天皇騎馬像」などがあるようです。
代表作と言われたのは、「広瀬中佐と杉野兵曹長の像」(明治43年)でしたが
戦時供出は免れたものの、昭和22年に撤去、破壊(?)されたそうです。
明治時代の新聞記事、残っている写真をみますと、かなりの労作であったようです。
置かれていた場所は、神田万世橋でした。 

  戦前の「広瀬中佐と杉野兵曹長の像」ののののの影像が、入手出来ましたので
 下に掲載いたします。
 また、私が撮影した日本橋の「麒麟」と「獅子」の写真も掲載いたします。

渡辺長男氏は、1876年(明治9年)大分県竹田市の渡辺要蔵の子として生まれ
若いうちに上京し、東京美術学校で彫刻を学びます。。
「彫塑会」設立に参加、リーダー格として活動など、近代彫刻(彫塑)の発展に
大きく貢献した人物です。。
また、奥さんの父親は、岡崎雪声という「楠正成像」「西郷隆盛像」などを鋳造した
著名な鋳造家です。。
渡辺氏は、1952年(昭和27年)に亡くなっています。。

この場所に、この銅像が設置された経緯など、ある程度の資料が手元にあるので
すがが確証がもてないため、もう少し調査をしてから、記載して行きたい思います。 

 
   


万世橋広瀬中佐の像
戦前の絵葉書を使用、リメイクを施しています。 転載不許可。


日本橋「獅子」の像
渡辺長男作 日本橋の獅子像
2014年10月11日撮影
「獅子」の像は4体、橋の両サイド初めと終わりにあります。


日本橋「麒麟」の像1

渡辺長男作 「麒麟の像」 別名「翼のある麒麟」
2014年10月11日撮影
この像は、「翼のある麒麟」として、東野圭吾の推理小説とその映画化作品の題名になっているものです。
この「麒麟」像も4体あり、おかれている場所は橋中央で、片側2体づつ両側にあります。


日本橋「麒麟」の像2

渡辺長男作 日本橋麒麟の像 別名「翼のある麒麟」
2014年10月11日撮影
左右の像では、口を開いている、閉じている、角・尻尾の形など、かなり違いがあります。
「獅子」の像にも、口を開いている、閉じているなどの違いが見られます。口に関しては
万物の初まりと終わりりを象徴する「阿吽(あうん)」を表現したものか?


top