トップページボタン
歴史トップボタン


龍雲山 高乗寺 曹洞宗

東京都 八王子市初沢町1425

高乗寺の画像


 

高乗寺は、600年を越す歴史をもっています。
高乗寺が出来たのは、1394年(応永元年)3月といわれています。
室町時代前期、南北朝の対立がおさまった時期にあたります。

高乗寺が出来るにあたっては、中心となった二人の人物が伝えられています。
1人は開基者で、長井大膳太夫高乗という人物、もう1人は開山者で、俊翁令山と
いう人物です。

開基者・長井大膳太夫高乗という人物は、古文書に残るどの人物なのか
研究が行われていますが、確定していません。

私が、有力と思っている説は、片倉城の城主かつ広園寺の開基者と考える
「長井 道広」説です。
湯山 学氏が、多摩のあゆみ7号(1977年5月)に研究内容を発表しています。
内容の1部を引用してみます。

『広園寺と高乗寺の開山、大海道広大禅定門については抜隊(俊翁の師匠)の
 語録に「大江酒掃大海道広」とあり、俊翁の行録に「檀越長井道広」とある。
 つまり同寺の開基である大海道広は、大江姓長井氏であることが明らかである。
 右の「酒掃」とは、官職にいう「掃部寮」の唐名であるから、長井道広は掃部頭(助)
 を称したことがわかる。南北朝末期のころ鎌倉府の引付頭人に長井掃部頭入道
 道広がいるが、彼と右の両寺開基の長井道広とが同一人物であることは
 疑いない。』


この長井氏の家系をさかのぼると大江広元という人物にたどりつきます。
大江広元という人物は、公家出身で鎌倉時代初期の頼朝側近であり、政所別当を
務めていました。また、頼朝死後も北条氏と組み、政治の基礎を固めめました。
和田の乱で横山党が滅亡すると、横山党の支配地域は、この大江広元が獲得します。
(1213年5月7日)
この大江広元の次男が山形県・米沢盆地の長井荘の地頭になったことから
長井氏を名乗るようになったといわれています。

一方、開山者の俊翁令山は、1344年7月17日に生まれて、1408年(応永15年)に
没しています。武州秩父郡の人で、42歳の時甲州塩山の向嶽庵におもむき、臨済宗の
名僧としてしられるようになったといわれています。
開基者の招きで、この地に移り、広園寺、高乗寺、光厳寺を開山したといわれています。

開山当初は、お寺の建てられた場所が、現在よりさらに奥であったようです。
へんぴすぎるため、長井大膳太夫高乗の死後、応永年間(1394年〜1427年)
中頃に、現在の位置に移ったとされます。(高乗寺伝略記、新編武蔵)
この時の宗派は、臨済宗でした。

開基、開山にかかわる話は、以上です。

その後、荒廃してしまった時期もあるようです。
原因は、開山者俊翁令山が広園寺開山のため移ってしまったため
という話がありますが、広園寺のほうが開山が早いはずなので
納得出来る話ではありません。

時が過ぎて、永正(1504年〜1521年)の頃、通庵浩達和尚(1518年8月4日寂)が
中興開山したといわれます。この時より、曹洞宗になったようです。
ただ時期は、戦国時代にあたり、この地域も大変変動の激しい時でした。

   




江戸時代後期(1814〜1822年頃)の様子を伝える高乗寺図
高乗寺図の画像

 

この絵は、1884年(明治17年),活版で和紙に印刷され、内務省地 理局より初め て
出版 された「新編武 蔵 風土記稿」に載る挿絵です。
実際の大きさは、幅13cm,高さ9cmと小さい物です。
活版印刷のためか線画となってしまっています。
国立公文書館所蔵の江戸時代の物(未出版)は、絵図がもっと緻密で、濃淡のある物です。
明治時代の本も数が少ないようですが
国立公文書館所蔵の様な見事な絵図を載せた物は
国立公文書館に、写本を含め2冊しか残っていないようです。

江戸時代の絵を模写したものを、初沢山のページおよび
地誌類の風景画のページに掲載しました。

絵の中央下、「大楓樹」「総門」は、現在の市立浅川中学校の正門付近です。
「境内農家」は、現在の中学校。左手の山は、初沢山(城山)です。

江戸時代後期の様子は、「新編武蔵風土記稿」「武蔵名勝図会」がともに
詳しく記述しています。
それによりますと、お寺の面積は、37万3千坪余り
(正方形の大きさにしますと、縦、横とも一辺1.1kmとなります)
上の絵、三方の山の峰の内側全部が、お寺に属していたようです。
境内には、農家五軒、住吉社、弁財天社、天満社、妙義社、愛宕社
山王社、金毘羅社および日陽軒が在った事が書かれています。

上の神社の内、山王社(1965年8月)、住吉社、弁財天、天満社
愛宕社(1966年10月)が、現在、お寺の建物の東側山腹に
五神合同社として祭られています。

また、古文書もかなり残っていたようで「新編武蔵風土記稿」に
4点ほどの写しが書かれています。
八王子市教育委員会発行の資料によりますと
現在も、38点の文書が残っているそうで
主な内容は、境内絵図(1557年、1688年)、北条氏朱印状
豊臣秀吉朱印禁制、大久保長安永木申請状(木材所望文書)
藤与兵衛地所寄進状などとなっています。(八王子市の文化財より)

上の古文書の中で、天正18年(1590年)6月23日の八王子城落城に
関連して重要な資料となっているのが、「 豊臣秀吉朱印禁制」です。
この禁制の日付は、「天正18年4月日」となっています。
八王子城は1日にして落城、多数の犠牲者が出たといわれますが
この禁制の日付から、落城の約2ヶ月前より、城は豊臣軍に遠巻きに
されていたことを、うかがわせます。
北条側の籠城状態は、かなり長かったことになります。
(資料:多摩のあゆみ第17号、羽鳥英一氏、武州八王子城の落城)

   


下の絵は明治37年の状況です。
明治37年の高乗寺
私の手元にあるのは、白黒のコピー物ですが、カラーであった可能性もあります。


 

大正13年3月に発行された「南多摩郡史」の名勝旧跡の項には、下記の ように書かれています。

高乗寺: 浅川村大字上椚田にあり 曹洞宗にして龍雲山ととなえし
本尊は観世音なり 応永元年片倉の城主大江広秀の開基なり
堂宇は幽谷のつきるところ 山岳四囲をめぐり
渓流センカン(さらさらと流れるさま)たるのほとりにありて
すこぶる幽スイ(奥深くひっそり落ち着いているさま)閑雅なり
浅川駅より約十五町。

家紋について一言: このお寺に伝わる家紋、一に三ツ星は、毛利氏の家 紋として有名ですが
もともと、大江広元が使用していたもので、子孫の長井氏、寒河江氏、毛利氏などは
みな同じ家紋を使用していたようです。
この家紋イコール毛利氏と考えるのは、妥当でない様です。

ただ、中国地方の豪族で戦国大名として有名な毛利という姓は、神奈川県内の毛利という
旧地名から来ています。
また、この毛利の位置ですが、現在の厚木市の一部と説明しているものが多いのですが
津久井県と呼ばれていた地域も、古くから毛利庄と呼ばれていたようです。
ここ椚田や上長房とは、山を隔てた西、南隣の地域ほぼ全域がこの毛利庄と呼ばれて
いた時期(江戸時代後期)もあります。
毛利という名前と、この地域は、意外と関係が近いようです。

   



top