トップページボタン
歴史トップボタン





沢 山


hatuzawasanの画像
廿里(とどり)町より見た初沢山(2006年4月17日)
ちなみに、この写真を写した場所は、後北条時代、武田軍ど北条軍が戦かった古戦場近くです。
(わき道にそれてしまいますが、この話にご興味のある方は、廿里の戦いを ご覧下さい。)


山頂の画像
現在の山頂の様子です。(2006年4月21日)


初沢山についての言い伝え


初沢山の別の呼び名は、峰山です。また、城 山、椚田城址などとも言います。
峰山と言う呼び方は、最近ほとんど聞かれませんが
この名から東側の裾野の部分を峰開戸と呼びました。
峰開戸とは、峰(山)の開墾された土地を意味します。

この峰開戸からは、縄文時代の遺跡が発見されていて、遺跡の名前を
峰開戸遺跡と言います。

さて、この初沢山には、城址としての言い伝えが3説あります。

古い時代から


1.平安後期から鎌倉時代始め、横山党の一族椚田氏が住んだ。と言うものです。

2.室町時代に、高乗寺を開基した長井氏が居城した。と言うものです。

3.室町後期、山内上杉と扇谷上杉がこの地域の覇権を争っていた時期
  扇谷上杉側でこの城を守っていたのが、長井八郎。と言うものです。

現在まで、上記3説ともに、ここであると言える確証が有りません。

この3説の内、椚田氏と長井氏居城の2説の基になっているのが
新編武蔵風土記稿であり武蔵名勝図会です。

初沢の名の由来と同じように、文章を引用してみます。 

まず、武蔵名勝図会より

「高乗寺総門の南なる山を、土人は城山と唱う。登り一町(約109m)程なり。
山上に平地あり。空ボリの跡いまに残れり。何人の居住地ということは伝
えず。或云 往古椚田氏の人の住居せし跡なり。椚田氏は横山党より出て
横山散位権守時重の四男太郎重兼はじめてこの椚田に居を構えて,その
子次郎広重代々ここに住みしたるゆえ,子孫椚田氏を称せしこと東鑑にも
記せり。
東鑑云 建暦(1,211〜13),健保(1,213〜19)の和田合戦のとき横山の人々
討死の日記に、椚田太郎、同次郎、同五郎、同三郎と四人討死の姓名あ
り。このときの椚田の人は和田義盛が妻の姪の続きにて、横山氏の嫡流
なる横山右馬允時兼もまた和田とは親しき続きにて、親戚たれば、みな
同時に討死せり。                                 
又一説に高乗寺開基長井氏が住居せしといえど,証蹟考うるところなし。」

とあります。ここに出てくる東鑑(あずまかがみ)とは、鎌倉時代の記録である
吾妻鏡(あずまかがみ)の事です。

上記武蔵名勝図会の記述にもありますが、椚田と言う氏名は、地域名をもとに
名乗った氏名だと考えられます。この時代は、地域名を氏名とするのが一般的
だったのです。                                   
したがって、椚田氏が、初沢山ではないにしても、椚田と言い続けられたこの
地域を住居としていたことは、確かなことのようです。この事は、下記新編武蔵風土
記稿にも出てきます。



下の写真をご覧下さい。

都心展望の画像

初沢山東中腹より、35o判400oレンズで撮影したものです。展望の良い山であることが解ると思います。
残念ながら、山頂からの東側への展望は、現在(過去50年間も)木が邪魔をして、ありません。


tamakyuryouの画像

東南東方向(多摩丘陵)を 初沢山南斜面にある紅葉台住宅より 撮影したものです。



koutouviewの画像

北東方向を 同じ紅葉台より撮影したものです。



江戸時代 新編武蔵風土記稿の挿絵
musasikojoedoの画像
独立行政法人 国立公文書館 所蔵 (レタッチしてあります)
左上「字城山」とあるのが初沢山です。中央にある楓大木の
左側境内農民とかあかっれている辺りが現代の浅川中学校
です。

続いて、新編武蔵風土記稿を引用します。内容は、武蔵名勝図会とほぼ同じです。
特に興味を引かれた部分にアンダーラインを引きました。


総門の東の方なる山を 土人 城山とよへり。
登り二町はかり、その頂は平坦にし
乾(いぬい、北西)の方より巽(たつみ、南東)の方にわたり
長さ半町あまり。
 幅は広狭あれと、大抵十二 三間はかり。
北の隅には妙義の小祠あり。
頂より巽の方へ数十歩を下り、曽根の高処を疏サクし
道をとうせしところあり。
未申(ひつじさる、南西)方の山面中腹に七八間を隔てて
その幅三間許にきり たひらけたる所 二段あり。
乾方にも切通しと覚しき処あり。
それより少し下りて 馬冷し場と唱へ 四五歩□地あり。
されと水ある所とも見えす。
丑寅(うしとら、北東)の方は やまくつれて
いと 嶮しく そはたててり。
按に このところ物見櫓なと 構へしにや。
居館は 丑寅の方 山の麓 小名狭間にありしならんと云へ と

何れの人の ここに住せしや伝へを 失せり。
一説には 往古椚田氏の人 居住すともいへり。
椚田は 横山党より出、 横山権守時重の四男太郎重兼
はしめて この椚田に居を構へしより、その子広重代々
この地に住せしゆえ、子孫椚田を氏とせし事 ものに 見えたり。
また一説には この寺(高乗寺)を開基せし 長井大膳太夫高乗か
居城を構へしあとなり とも云へと
今より かんかふへき由なし。」

とあります。
上記の内容から、江戸時代後半の時点で、すでにはっきりしない「言い伝え」状態になっていた
ことが解ります。その後も現在まで、新しい文献や遺跡は発見されていません。

また、山頂や中腹は、広さや水の事を考えると、人が住むのに適した場所とは思えません。
ただ、上の写真を見ていただければ解りますように、展望の大変良い山です。
椚田氏の属する横山党や長井氏の勢力範囲を考えと、この展望は大きな役割を担えたように
思えます。

次に、第3の説、長井八郎居城説ですが、昭和47年に出版された「武蔵野歴史地理」
第5冊 八王子地方 浅川町 「椚田城主とその陥落 」の項に出てきます。
永正元年(1504年)12月1日山内上杉軍が椚田の要害を攻め落とし
長井八郎を捕まえたと云うものです。
古文書も引用し説明されています。
ただ、この内容からだけでは、初沢山を椚田要害(又は椚田塁)とするには
無理があるように思います。
しかし、椚田要害(又は椚田塁)が椚田地域に在った事は
他の資料からも確認できます。
(この椚田要害は、1510年には、北条早雲の手に落ちます)

また、横山党滅亡後、大江広元およびその子孫で長井姓を名乗った一族が、椚田地域を含む
横山庄の支配に、1213年から1504年まで約300年間にわたり、かかわ続けていた事も
確かな事のようです。

 


− 2006年4月21日現在、ここまでです。 −


top