WEBgallery

文字江戸時代

文字地誌の絵

江戸時代の隠れた名画達(地誌類の風景画)





下の 絵は、全て、江戸時代の絵をもとにした、ホームページ作者のリメーク品で す
そのままでは、鑑賞用として見れる資料がな いため、あえて加工を施しました。

江戸時代の絵というと、浮世絵。
浮世絵でも、風景画というと、葛飾北斎・歌川(安藤)広重が有名で
浮世絵以外では「名所物」が少し知られていますが
これら以外にも
当時から現代まで未出版のままの物の中に、見事といえる絵が、 かなりあ ります。
無名の絵ですが、肉筆による繊細な絵です。(未出版の意味は、 注2)
その一端をご紹介して行きたいと思います。

まず、「新編武蔵風土記稿」「相模国風土記稿」「武蔵名勝図会」の挿絵を中心に
八王子市初沢町の近隣および歴史的関係のある物から、ご紹介してまいります。




「新編武蔵風土記稿」 高尾山の絵 (高尾町)
高尾山の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、影印本をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵




「武蔵名勝図会」草稿   高尾山の山頂より相模の広野を望む絵
高尾山の展望絵
植田もうしん作  ご協力:日野市郷土資料館




「新編武蔵風土記稿」 駒木野関所の絵 (裏高尾町)
駒木野の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、 独立行政法人国立公文書館所蔵。



昭和3年 小仏関所址の写真
写真小仏関所址
昭和3年3月1日発行、雑誌「史蹟名勝天然記念物」より
絵に描かれた山の形が、この写真とよく似ています。関所内の松も同じですね。




「新編武蔵風土記稿」 小仏宿・峠の絵 (裏高尾町)
小仏の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、独立行政法人国立公文書館所蔵。




「武蔵名勝図会」草稿  小仏峠の頂上より相州津久井県の村々を望む絵
小仏山頂の絵
植田もうしん作  ご協力:日野市郷土資料館




「新編相模国風土記稿」 小仏峠・西側より見た絵 (神奈川県相模湖町)
小仏峠西側の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、 国立国会図書館所蔵。
「新編相模国風土記稿」の絵は、 「新編武蔵風土記稿」の絵と違い線描写が主になっています。




「新編武蔵風土記稿」 広園寺の絵 (八王子市山田町)
広園寺の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、印刷写真をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵
高乗寺と開基・開山者が同じと考えられています。




「新編武蔵風土記稿」 片倉城址の絵 (八王子市片倉町)
片倉城址の絵
見開き2.5ページ分を1枚に合成、印刷写真をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵
高乗寺・広園寺の開基者がここの城主であったと考えられています。




「新編武蔵風土記稿」 高乗寺の絵 (初沢町)
高乗寺の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、影印本をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵





「新編武蔵風土記稿」 下長房村(左側:上椚田村)の絵 (八王子市長房町・廿里町・東浅川町・高尾町)
下長房村
見開き2ページ分を1枚に合成、 独立行政法人国立公文書館所蔵



ここで一枚の地図をご覧下さい。上の絵と同じ場所の昭和2年頃の地図です。
多摩御陵の地図
昭和3年「大正天皇御大喪儀記録」より
この場所は、現在、多摩・武蔵御陵のある場所です。上の地図は
大正天皇の大喪儀の時のものです。ここに掲載したのは
「新編武蔵風土記稿」が、地形、人家、竹林など
いかに忠実に描いていることをご覧
いただきたいと考えたからです。
また、明治時代の地図は、初沢町・歴史のページに
掲載しています。



「新編武蔵風土記稿」 八王子宿の絵 (八王子市)
八王子宿の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、影印本・印刷写真をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵
この絵は、珍しく、薄い着色が施されたものです。
明治15年の西洋式地図と比べてみましたが
これも大変正確な絵です。

この絵は、江戸時代後期の八王子の様子を知る資料として
大変役に立つ絵図てすので、横幅1,500ピクセルの拡大版を ご用意いたしました。
上の絵をクリックしてください。別ウインドウで開きます。
(明治15年測量の西洋式地図も掲載)



「新編武蔵風土記稿」 八王子入口の絵 (八王子市)
八王子入口の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、影印本をベースに製作。 原本:独立行政法人国立公文書館所蔵
大和田町方向から浅川を挟んで八王子市街を描いた絵です。
この絵は、0.1ミリ程度の極細の線を主体にした
細密でありながら淡白に描かれた物の1枚です。



「新編武蔵風土記稿」 日原の絵 (奥多摩町)
日原の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、 独立行政法人国立公文書館所蔵。

まさに「山水画」と言った絵ですね。
「武蔵名勝図会」に洞窟の形が多少異なる
程度で人物配置まで一致する絵が掲載されています。
植田もうしんが、この絵に関係していたことを推測させます。



「新編武蔵風土記稿」 御嶽山の絵 (青梅市)
御嶽山の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、 独立行政法人国立公文書館所蔵。

この絵も「日原の絵」ほど完全に一致するものではありませんが
「武蔵名勝図会」に、構図・タッチが良く似たものがあります。



植田もうしん著 「日光山志」 総図1
日光山志の絵



「日光山志」 総図2
日光山志2の絵



「日光山志」 総図3
日光山志3の絵
武蔵名勝図会の作者であり、新編武蔵風土記稿の編纂にかかわった
植田もうしんの江戸時代に出版された「日光山志」著者自身の絵です。
千人同心組頭植田もうしんの挿絵も見事ですが
この本には、葛飾北斎、椿椿山、渡辺崋山、谷文晁(タニブンチョウ)
など超一流の画家が挿絵を描いています。
版画絵です。
総図2や3などは、1枚ずつ見ただけでは、鑑賞用として面白い絵とは
思えませんが、まず書いた人や彫師の綿密さに驚かされます。
上の絵3枚は、総図1が右側、総図2が中央、総図3が左側に
くるパノラマの構成になっています。
3枚並べて見ると、見事な風景画になります。
 ここをクリックするとパノラマ絵が別ウインドウでご覧になれま す。
 横に広いのでスクロールしてご覧下さい。

千人同心は、日光の火消し役を務めており、著者も13から14回
勤務に当たっています。
1回の勤務が長い時で、半年にもおよんだようです。
日光を語るには、最適な人物であったようです。
ただ、江戸時代に、徳川家康の眠る日光を語ると言うことは
簡単なことではなかったようで
官許えて刊行するまでには、色々な場所のチェックを受け
何年もの歳月をかけて、やっと実現したようです。
この方のいくつかある著作の中で、江戸時代に刊行されたのは
この「日光山志」のみです。

現在出版されている本にも、この本の内容を載せている物があります。
また、千人同心組頭塩野適斎たちは、「新編相模国風土記稿」
津久井之部の編纂にもかかわっています。

見開き2ページ分を1枚に合成
昭和4年日本随筆大成刊行会本をベースに製作。
江戸時代の原本と比較し、遜色のないことを確認のうえで使用。




「新編相模国風土記稿」 三増(みませ)合戦古戦場図1 (神奈川県城山町・愛川町)
三増古戦場の絵1
見開き2ページ分を1枚に合成、 国立国会図書館所蔵。



「新編相模国風土記稿」 三増(みませ)合戦古戦場図2
三増古戦場の絵2
見開き2ページ分を1枚に合成、国立国会図書館所蔵。

武田軍による「廿里の合戦」「滝山城攻撃」「小田原城攻撃」の帰路
北条軍とかわれた激戦の場所を説明した絵です。

 上の2枚を横に結合した絵は、ここをクリッ クしてご覧下さい。
   「武田三代軍記」三増合戦の図もご覧になれます。

見開き2ページ分を1枚づつに合成。



「新編相模国風土記稿」 津久井古城の絵(神奈川県城山町)
津久井古城の絵
見開き2ページ分を1枚に合成、 国立国会図書館所蔵。




「江戸名所図会」 高幡不動尊の絵 (日野市)
高幡不動の絵
見開き2ページ分を1枚に合成・着色
昭和3年出版の吉川弘文館本をベースに製作。

この「江戸名所図会」は、現在も別会社から出版されています。
江戸時代のベストセラー本です。
また、植田もうしんの「武蔵名勝図会」は、この企画があったこと
から、出版せず、幕府への献上のみに止めた側面があるようです。
版画絵でモノクロームです。
このベストセラー本と、 上に掲載の絵達を見比べて見るのも
面白いのではと考えて掲載してみました。
地域的に近いものとして「高幡不動尊」を選びました。
多摩地域を扱った絵の中では、府中六所宮を描いた物が
圧巻です。
細かい多数の人物表現や細密な鳥瞰図が特徴です。
(今年5月発行の「多摩のあゆみ」122号がこの絵を掲載
 しています。また、WEBでも見られます。)

着色したのは、ただ単に、いたずら心からです。

現在、ご紹介する絵の数を増やす作業をおこなっていますが
地域的にも広がり、初沢町をご紹介するホームページの中で
扱って行くのは、妥当でないとの考えに至りました。
江戸時代の風景画、それも見れる機会のほとんどない絵を中心に
専用のホームページを立ち上げることといたしました。
下記ホームページに、ご紹介を始めました。
(江戸時代の遠近法の流れを調べたページもあります)
このページと合わせて、ご覧いただければ幸いです。

http://tisiruinoe.la.coocan.jp/


解説
地誌類の絵の特徴は、特に 「新編武蔵風土記稿」
「新編相模国風土記稿」、「武蔵名勝図会」おいては
写実性が重視されている点です。
また、写実性を重視しながらも
見えないはずの建物などを見えるように
してある所は、写真と異なっています。

「新編武蔵風土記稿」「武蔵名勝図会」の
もう一つの特徴は、遠近法を用いている点です。
ビューポイント、消失点が、はっきりした作品が
数多くあります。
この遠近法がどのような流れのなかで
取り入れられたのか、調べていますが
現在までに解ったことは
谷文晁(たにぶんちょう)の「日本名山図会」
(1804年)
鈴木南嶺画、斉藤鶴磯著「武蔵野話」
(1815年)が参照されていることです。
植田もうしんが、絵を学んだといわれる
渡辺崋山は、谷文晁に学んでいます。
また、渡辺崋山、谷文晁は、「日光山志」に
挿絵を描いてもいます。
一方、鈴木南嶺(すずきなんれい)は、渡辺南岳に
ついて円山派の絵を学んだと言われています。
文晁、円山両派ともに、西洋的技法を
取り入れたことが、特徴の一つとなっています。

また、浮世絵の風景画は、特に広重の絵は
構成の美しさを重視しているためか
誇張、変形、単純化および省略が多いようです。
絵だけでは、山間部なのか、海に近いのか
判断できないような絵もあります。

浮世絵は、色彩、構成の美しさや登場人物を楽しみ
地誌類の絵は、正確に書かれた写生画として
写実の美を楽しむものではないでしょうか。

また、「名所図会」物は、両者の中間的な存在で
登場人物など面白い物が多いのですが
難を言えば、寺社仏閣が多く
現代人には合わない面もあるようです。

絵の描かれた年代を見てみますと
 「新編武蔵風土記稿」      1822年 多摩地区完成
 「武蔵名勝図会」         1820年完成、1823年献上
 北斎 「富嶽三十六景」     1831年頃から刊行
 広重 「東海道五十三次」    1833年頃から刊行
 「江戸名所図会」         1834〜36年頃刊行
 「日光山志」            1837年刊行
 「新編相模国風土記稿」       1841年完成 となります。
この時代は、浮世絵では爛熟期にあたり、風景画が
一つのジャンルを築いた時期です。
遠近法の流れを調べていて、感じるようになったことですが
遠近法の使用が、風景画を見やすく、親しみやすくし
1つのジャンルを築かせる要素になったのではないかと
推測するようになりました。
版画でのもう一つ特徴は、細密な彫を極めた時期でも
ありました。




注1) 
上の絵は、すべて半紙サイズ(見開き2ペー ジ分)に描かれたものです。
(綴じ代,天地の余白,縁取りなどがありますので、ほぼA4サイズです)

注2) 未出版の意味をもう少し説明いたします。

「新編武蔵風土記稿」「新編相模国風土記稿」は、現代でも出版されて
いるものがあります。
ただし、これは明治時代に内務省地理局が、絵はすべて書き換え
文章も細かい点で書き換えられたもが基になっています。
絵に関しては、明治のものは「ザツで不正確」といわざるをえず
まったくの別物といえます。
ザツなのを我慢したとしても
不正確なのは、困った物です。
下の絵が、明治時代に出版されたものです。
上記掲載、上から三番目の絵に相当するものです。
一番上の「高尾山の絵」などは、明治本では、省かれています。
この絵などは、それでも良いほうに入ります。

駒木野明治の絵

「新編武蔵風土記稿」が特にひどい状態で
「新編相模国風土記稿」の方は、少しはましです。
ただし、未出版のものを出版した明治本は、地域史を知る上で
重要な役割をはたしてきましたが。

また、「新編武蔵風土記稿」に関しては、影印本(原本を写真撮影し
本にした物)を出版された文献出版という会社がありました。
貴重な本なのですが、残念ながら、絵に関しては、白か濃い黒のみの
状態となってしまい、中間のグレーが表現されていません。
また、かなり細い線が飛んでしまっています。
絵の良さを見るには、不十分な物にとどまってしまいました。
(この傾向は、ほぼ全ての掲載物にも見られます。
マイクロフィルムによる撮影が原因ではないかと考えられます。)

江戸時代の原画が、何故日の目を見ないまま現在にいったてるのかを
考えてみますと
 ・これらの本を見る人が、ごく一部の人であること。
 ・絵が書き換えられていることを、知らないこと。
  (私もそうでした。明治本の絵を江戸時代の絵と思っていました。)
 ・絵以外は、現在出回っている本でもほぼ問題のないこと。
 ・新たに出版しても採算のあわないこと。
   例を挙げますと
   上に挙げた文献出版(現在ありません)が出された影印本は
   一冊の定価¥12,000.−(消費税別)で
   多摩地区だけで15冊、八王子地域に限っても4冊となります。
   大変高価なものになっていました。
   それでも、出版社に多くの利益が出ていたとは
   考えられません。
などが、原因ではないかと思われます。  

リメーク作業の内容について。 以下のような作 業 をおこないました。

・使用したソフトは、アドビ・フォトショッ プ・エレメント2.0です。

・見開き、裏表にまたがる絵は、結合。
・結合部分のズレは、書き換え。
・ほぼ全ての元本の用紙に色があるため背景を
 コントラスト調整、消しこむツール、白ブラシ
 塗りつぶしツールで白に変更。
・ゴミ、裏ページの写り、虫くいの除去。
・途切れた線の書きたし。
・薄墨の書きたし。
・黒くつぶれた部分の書き替え。
・ザラツキのぼかし。
・白と黒のコントラスト調整。
・「新編武蔵風土記稿」は、必ず2種類の資料を使用し
 修正および加工。
・絵によては、着色。
  などです。

絵の著作権、所有権については、下記判断、手続 きにもと づき公開しています。


・元絵は全て江戸時代の物で、著作権はすでに切れていること。
 (注2で使用した絵だけは明治時代の物ですが、これも著作権切れ)
・元絵の所有権、掲載許可について
 「新編武蔵風土稿」は、掲載許可を受けて掲載しています。
 所有権者は、独立行政法人国立公文書館です。
 「新編相模国風土稿」も、掲載許可を受けて掲載しています。
 所有権者は、国立国会図書館です。
 「武蔵名勝図会」は、所有者の吉野連一氏、日野市郷土資料館の
 ご協力、ご承認をえて掲載しています。
・絵画の複製写真には著作物性がないとされていますが
 「江戸名所図会」「日光山志」は、出版から50年以上経過
 したものを使用しました。
 また、加工品には、著作権が新たに発生します。
 当サイトの絵も、新たに著作権が発生していると考えられます。
 ご協力いただいている方々へのご迷惑ともなりますので
 転載等は、ご遠慮下さい。

また、全体的に、関係者の利益侵害にならない様、注意しています。

(2006年5月29日発行)

このページの制作から始り、かなりの関連ページを作成しています。
おもなサイトは、下をクリックしてご覧ください。

サイト目録


ページトップへ戻るボタン