トップページボタン
歴史トップボタン


大光寺の文字
東京 都八王子市初沢町1352


雪の日の大光寺
daikoujiの画像



堂内
本堂内部の画像

高尾駅に大変近いお寺です。京王線のプラットホー ムから5〜6mしか離れていません。

宗派は真言宗、本尊 阿弥陀如来、多摩四国八十八ヶ所七十番札所となっています。

大光寺は、約400年前の1615年(元和元年)8月に出来ています。
この年は、大阪夏の陣があり、大阪城が落城した年でもあります。

高尾山薬王院に属してスタートしていますが、現在は、昭和28年に高尾山薬王院より別れて
独立法人となっています。

大光寺に関する古い資料は、新編武蔵風土記稿と高尾山文書が手元にありますので、
新編武蔵風土記稿より江戸時代後期の様子、高尾山文書・石川日記より明治10年代の様子を
ご紹介してまいります。

新編武蔵風土記稿より

「境内除地千五百坪 小名初沢にあり 勝名山と号す 新義真言宗高尾山薬王院末寺なり
開山 智海 元和四年七月三日に寂す 客殿は八間に六間半 本尊 彌陀 木の坐像にて
長二尺五寸なるを安す 別に 本尊の前に 不動を安す 木の立像 長一尺三寸 左右の
童子は各長五寸余にして 共に定朝の作といふ 開ビャクは 本山九世の僧 源恵なりと
云へり」
「住吉社 本堂の前 北寄りにあり 二尺四方にして 覆屋一間に七尺 東に向ふ いかなる
故ありてか 社領 五石を 附せらる  昔は この社 小名 落合口留番所の ほとり
御朱印地の内にありしか 洪水にて 川欠せしまま 三十年はかり以前 この境内に
移せりと云」
「地蔵堂 同じ並にあり 二間半四方 東に向ふ 木の坐像にて 長二尺許 地蔵を安す」


とあります。
ここに書かれている住吉社は、神社です。江戸時代、お寺の境内に神社が在ることは、
あたりまえのことでした。これが、明治時代に入り、がらっと変わります。神教と仏教が完全に
分離され、神教を優位に置く方向になります。
明治時代は、お寺にとって受難の時代だったといえます。

このような様子の一旦がうかがえる資料が、明治13年7月法務支所に提出された大光寺の
「資産明細報告書」とでもいえる文書の形で、高尾山文書の中に残っています。

神奈川県下 武蔵国 南多摩郡 上椚田村

真言宗

第百四十番地

大光寺

1. 本寺  同県同国同郡同村薬王院
1. 本尊 阿弥陀如来
       創立 元和元(乙卯)年八月 開山 源恵
1. 本堂  一宇   八間 六間
1. 庫裏  一宇   七間 四間
1. 小屋  一宇   三間 弐間
1. 門    九尺
1. 境内  七百四坪
1. 檀家  八十八戸
1. 資堂無之

所有畑・宅地・山林・芝地々価金左に

 (省略しますが、旧字新地から旧字落合までかなりの土地を所有しています。)


右之通相違無之候也、

右大光 寺無住に付兼務

    薬王院住職

明治十三年七月                    高尾 秀融 ㊞

檀家総代

小沢 利右衛門 ㊞


鈴木 精一 ㊞


法務支所

御中


続いて、石川日記より

明治15年11月

「二十 一日晴天  此夜十一時頃初沢大光寺焼る

この年の裏表紙には

「此年十一月二十一日の夜初沢大光寺焼失す。
 此年の正月之夜下長房東照寺焼失す。

上椚田村
石川 源助


溜息のでるような話です。

約20年の時が過ぎ、明治34年(1901年)、高尾山・薬師堂を移設し、10月14日に再興します。

現在の本堂は、昭和50年(1975年)に、綺麗に改造されたものです。


山門を入ると、付き当たりに見える庫裏には、変わった話があります。
明治の中頃、関東綱五郎(別名:大瀬半五郎、本名:鈴木綱五郎)の住まいを移設したものです。
はぶりが良かった時期に建てられたもののようで、立派な建物です。

関東綱五郎は、清水の次郎長の子分です。
本名:鈴木綱五郎は、文政3年(1820年)頃、鈴木惣七(千人同心の家柄)の子として
現在の高尾町(旧字:落合)に生まれます。
親戚とのいざこざが原因で、旅のわらじを履くようになったと言われいます。
荒神山では、博打がもとで起きた喧嘩に、大政、小政らと乗り込んだそうです。
清水の次郎長の子分時代の後、京都で火薬商を営み、成功を収めた時期もあったようです。
晩年は、ここ故郷に戻って暮らしていたようですが、それほど恵まれた生活では
なかったようで、家は、生存中に移設されたそうです。
明治19年(1886年)に亡くなっています。お墓も、この大光寺にあります。

庫裏の造りですが、太い柱と、接客間の低くしっかりした天井が特徴です。
この低い天井は、刀を振り回せないよう、故意に低くしたものと言われています。


注) 「新編武蔵風土記稿」の引用部分に、当初、明治本に基づき「境内除地千百坪」と
    書きましたが、江戸時代の本には「境内除地千百 坪」とありますので訂正
    いたしました。(2006年6月18日)

   




top