トップページボタン
歴史トップボタン




浅川小学校の歴史




asasyooldの画像asasyoの画像




浅 川小学校の歴史を表にしてみました。



西 暦
年 号
出   来  事
注   釈
1873
明治
6年
前身の一つ 原学舎が原・観音堂秦原庵内で授業を開始します。 11月28日

石川日記に記録があります。注1
1875
明治
8年
もう一つの前身 摺差学舎が学校の届けをおこなうます。
注2
1876
明治
9年
原学舎が公立共同学校となります。


1878
明治
11年
さらにもう一つの前身 案内の安秦寺塾が共同学校案内学校となります。


1882
明治
15年
案内学校が移転します。


1883
明治
16年
案内学校が公立共同学校となります。

1884
明治
17年
原学舎が熊野神社前に新しい校舎の建築を始め ます。   6月



原学舎が新校舎に移転、村立上椚田学校と改 称します。   9月
注3
1888
明治
21年
原の村立上椚田学校が学校の井戸掘りを完成し ます。     2月
石川日記に記録があります。注4


原の村立上椚田学校が村立小学上椚田学校と改 称します。



案内の学校が公立上椚田学校と改称します。

1889
明治
22年
原の学校が浅川村上椚田小学校と改称します。          4月

1891
明治
24年
原の学校が浅川村立椚田学校と改称します。            3月

1894
明治
27年
浅川の川原で初めての運動会が開催されます。
石川日記に記録があります。注5
1896
明治
29年
原の学校が浅川村立椚田尋常高等小学校と改 称します。

1907
明治
40年
原の学校が実業夜学校を併置します。

1908
明治
41年
原の学校が案内・長房の2校を合弁、浅川尋常 高等小学校となります。

1920
大正
9年
高尾山境内の子弟教育のため、浅川小学校高尾 分校場を開設します。 4月

1926
昭和
1年
浅川小学校高尾分校場が閉鎖します。

1929
昭和
4年
現在の場所(初沢)に、新設・移転。
裁縫室は、宮内庁より下賜された多摩陵あく舎があてられました。

1947
昭和
22年
浅川町立朝川小学校と改称。新設の浅川中学校 を併置します。

1950
昭和
25年
浅川中学校が現在の場所に新校舎を完成、移 転します。

1955
昭和
30年
八王子市立浅川小学校と改称し現在にいたりま す。


注1: 石川日記に「11月28日晴天 本間 重斉と申人 村の庵にて 手習師匠初める 追々学校と成」と書かれています。

注2: 摺差(するさし)学舎は、明治7年には、すでに授業を行っています。何時スタートしたのか、記録が入手出来ていません。
    明治7年の記録によりますと、摺差学舎の人員は、教員1名(男)、男子生徒13名、女子生徒2名。
    原学舎の人員は、教員1名(男)、男子生徒35名、女子生徒13名となっています。

注3: この時期を明治18年と記述した資料もありますが、石川日記の記録より明治17年といたしました。

注4: 井戸掘りの様子は、石川日記に詳しい記録があります。2月14日より連日掘り続け2月21日に水を確認
    2月25日に完成しています。

注5: この運動会の事と思われる記録が、これも石川日記に残っていますので、引用してみます。
    「11月3日大晴天 天長節 この日 上椚田学校生徒 上長房学校生徒集まり 熊野森下川原にて
     支那戦争の真似あり 源平打分り 支那九連城形を作り 源平戦争仕舞 城焼落す 面白き事あり」
    と記録されています。


石川日記とは、東浅川町(旧字:原)にお住まいの石川氏が、江戸時代から 代々書き続け、1720年からの記録が
現在も残っている、日記です。

 
   



top