トップボタン
歴史トップボタン




浅川地下防空壕





下の図は、戦時中に書かれた図面です。(注:活字部分は、私が書き加えました)
金毘羅山、高乗寺、初沢山の文字に挟まれた部分が地下防空壕です。
浅川地下防空壕の地図
八王子郷土資料館所蔵



tikagoの画像
高尾町側 地下壕の様子です。



昭和19年(1944年)9月14日より終戦まで掘られた、大規模な防空壕跡です。 現在も有ります。
初沢町と高尾町にまたがって掘られています。写真でご覧いただけるように、内部は幅、高さともに
大きく出来ています。

この浅川地下防空壕のことは、本にもなっていますし、ホームページでも詳しい内容が 見れます。

ホームページは、ヤフー、グーグル などウェブ検索で 「浅川地下壕」と入力すると、かなりの事が
解ります。

少し前に販売された本では、
平和文化発行 「フィールドワーク 浅川地下壕」 浅川地下壕を保存する会 がありま す。

過去の本では、
    のんぶる舎出版 斉藤 勉 著 「地下秘密工場」 が詳しい情報を載せています。

その他の資料としては、
    1991年に、都立館高等学校「フィールドワーククラブ」が調査し、まとめた物(未出 版)。

     1968年、鈴木龍二著、多摩文化会発行の「武州八王子史の道草」に、ここで作業をされた
     韓国の方々の戦後の様子を書いた部分。(働かれた方の人数に疑問がのこりますが)

などがあります。

浅川 とは、多摩川の支流の名前ですが、この地域では浅川村・浅川町として、明治時代から戦後
まで使われていた、現在の東浅川町、初沢 町、高尾町、裏高尾町、西浅川町、南浅川町を合わせた
旧地名です。
 



top